スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

ヘルシンキ定植
ヘルシンキの育苗もジフィーでは耐え切れなくなってきたので、定植しました。

大きいもので草丈20センチほど
DSC05104.jpg
ここまでの道のりは長かった!!ホームセンターで買う苗と比べると愛着がわきますね。


今回のために水耕装置を2基新調
DSC05113.jpg
これでピーマン・パプリカの第一段階は終了です。
今年は、ヘルシンキ:4株+越冬2株 京みどり:2株 で水耕栽培に挑みます。


越冬ヘルシンキのその後はというと、結実したものがピンポン玉くらいに成長
DSC05115.jpg
パプリカは結実してから収穫まで2ヶ月を要するので管理が大変です。
今のところアブラーの襲来は無いので順調そのものです。
スポンサーサイト

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

進行は食止めた...はずだった!!
薬剤塗布してしばらくは全く問題なかったのですが、急激に弱ってしまいました。

とうとう葉が萎れてしまった
DSC04954.jpg
毎日観察していたのですが、こういう病状って急に表れますね。
ショック!!

DSC04953.jpg
白い部分がグニャッと曲がって、完全に組織が破壊されているようです。
やはり細菌が引き起こす病気の治療は難しい。

これまでか!とネットを検索しているとメロンの挿し木に成功している記事を発見しました。
DSC04957.jpg
急遽、ツルを切り取って挿し木を行う。
ウリ科は、節のところから根を出すので、切る場所は節を残して切り取る。

メネデール溶液に挿す
DSC04961.jpg
これで発根してくれれば、メロン栽培が続けられるぜ。
発根する前に枯れないよう気をつけなければ!!

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

進行は食止めた
薬剤塗布してから経過観察を行っています。

病状の進行は止まった感じ
DSC04942.jpg
酢酸ビニルが水分を吸って白色になっていますが、表皮の代わりとなってくれています。

雌花の蕾も複数出てきましたが、これが有力候補
なぜか2つ同じところに出来ています。
DSC04803.jpg
雌花ってダメなものはすぐに黄化して枯れてしまうけど、これは大きくてふくらみも十分で期待大。

こんなところで栽培していれば、人工授粉は必須!!
毎朝のチェックが欠かせません。

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

京みどり定植
ずっと育苗してきた京みどりが、かなり大きくなってきました。
ジフィーでは根が大きくならないので、今後の成長を阻害してしまう前に水耕装置に定植です。

左2株が京みどり
DSC04808.jpg
ここまで2ヶ月以上もかかりましたが、元気な苗に成長してくれて、期待しています。

ジフィーを丁寧に取り除く
DSC04810.jpg
多少切断してしまったのですが、この通り根が全然成長していません。

これにはちゃんと訳があるのですよ。
理由は単純明快で、怠けていたと言うこと。
潅水時に所定に薄めた液肥をあげていたので、根が伸びなくても養分を吸収できるからなのです。これは、慣行農法の根張りが浅い現象と同じですね。

近くに養分があれば、わざわざ根を伸ばし余分なエネルギーを消費するようなことはしません。
ある意味賢いと言うか怠惰と言うか、理にかなっているのです。
植物って臨機応変に対処できる能力に長けているのだと思っています。だから何億年もの間、地上を制圧できたのでしょうね。


自作の水耕装置に定植
DSC04811.jpg
水耕用に取っておいたピーマン株はこれだけなので、2株から100個以上収穫を目標としてがんばろうと思います。

例年通り栽培できれば、100個なんてあっさり到達できるでしょう!!

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

まだ死なせるわけにはいきません
早速、昨日トップジンMペーストを買ってきたので塗布してみました。

株元はさらに病状が進行しているようで、黒く変色していかにもやばい雰囲気。
DSC04795.jpg

表皮を削って薬を塗布しようと、カッターで慎重に削っていくと意外にもきれいな状態です。
DSC04799.jpg
まだ病状は軽く、表皮だけ蝕まれていただけで維管束は大丈夫な様子。
癌と同じでこれが維管束まで到達すると、菌がツルの先まで運ばれて一気に病状が加速するところでした。
危ない、危ない!!
だから萎れていないし、元気だったのがよく理解できました。
これはなかなか気付きにくい病気ですね。

薬を塗布していく
DSC04801.jpg
ドレッシングのような乳液を全面塗布していきます。
この薬には、酢酸ビニルが含まれているので、顔パックのように時間が経つと乾いて膜を形成します。
これで一安心!


雌花がちらほらと
DSC04805.jpg
1個でもいいから収穫できるように、是が非でも病状回復してもらわないとな。

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

メロンは絶望的
この写真を見るとメロンの生長が順調に思えますが、最悪の事態になりそうです。
DSC04793.jpg

株元を見てみると葉が枯れ、茎が褐色に変色しているではありませんか!!
DSC04792.jpg

アップにすると赤いヤニらしきものが出ています。
DSC04792-1.jpg

調べてみると、ツル枯れ病というかなり絶望的な病気にかかっているようです。

これだけ成長が旺盛なのに、こんな病気にかかっているとは思いもよらなかった。
一応、トップジンMペーストで治療できるようですが、このメロンの場合は、病状が進行しているのでダメかもしれません。

まだ、ホームセンターに売れ残っているメロン苗があると思うので、今度の週末に確保しておこう!!
やはりメロンは超難関な作物だけあって、簡単にはいきませんなー。

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

越冬ヘルシンキ結実
最近日照不足なので落花するかなと思っていましたが、あっさりと結実してしまいました。

このほかにも咲いた花では全て結実中
DSC04788.jpg

全体像
DSC04789.jpg
知らない人が見ると、柑橘系の果樹と見間違うほどです。

ちょっと葉が少ないのでパプリカの株といっても全く違って異様ですが、越冬させるとこのように枝の先に集中して花芽が出来ます。
だから摘果してやらないといけないのですが、もったいない病でなかなか出来ません。

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

間引き株の再生
畑で育てているハクサイキャベツ
ここから間引いた株を捨てれず持ち帰えってきました。

すぐに水耕装置にセットしたのですが、ご覧の有様。
DSC04624.jpg
こんな状態から復活できるのかな!

キャベツは、もともと茎葉が堅くしっかりしているので問題なし。
DSC04623.jpg

ハクサイの根
DSC04627.jpg
間引くときに根を痛めないよう慎重に抜いたので、ある程度きれいな形を維持できました。
でも萎れるということは、水分を吸収する行為が機能していない。

これって永田農法に近いのかな!
永田農法は、あえて根を切り新たな根を発達させる方法をとっていますが、私の場合も根を洗う行為が同じようなことになっているのかもしれません。

今後、ハクサイは復活するのかを観察して行こうと思います。

more...

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

越冬パプリカ開花
越冬したヘルシンキが満を持して開花
DSC04630.jpg
めしべを観察すると立派な長花柱花なので、確実に結実してくれそう。

枝がが60㎝ほどあるので、摘果などはしません。
越冬のメリットは、何も考えずに結実したものを大きくすればよいこと。
しかも、早くから実が成るので長期にわたり収穫ができることかな。

この株からいくつ採れるか楽しみである!!

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
千葉在住
ベランダで突如家庭菜園に目覚めた30代男
ベランダ菜園&水耕栽培 4thシーズン

カテゴリ
最近のコメント
FC2ブログランキング

皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

よろしかったらクリックをお願いします

カウンター

訪問者数:
閲覧者数:

お勧めアイテム

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。