スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

今季初パプリカ
越冬株のヘルシンキでは、早々に結実はしていたけど、やっとです。
ここまでがいつも長いけど、出来上がりの実を見るとうれしいですねー。
DSC05478.jpg

少し大きい2番果
DSC05483.jpg

昨年同様、越冬株から採れる実は、小さい。
DSC05485.jpg

うちの水耕栽培では、拳サイズを作ることは出来ないのだろうか?
韓国のハウス水耕栽培と何が違うのか?

3年やってて同じ結果なので液肥成分が要因なのかな。

また今年も答えが出せそうに無いだろうな。
スポンサーサイト

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

メロン復活中
結局、1本しか残りませんでした。

これは親ツルで生命力が強かったのでしょうか?
挿し木したときとあまり代わり映えしませんが、着実に成長してはいます。
DSC05377.jpg


水道水に液肥を入れているだけなのに、なぜか藻が生える。
DSC05380.jpg
水道水の中に残っているか、風で飛ばされた藻の胞子がここに着水して増えるのか定かではありませんが不思議ですよね。

挿し気前と比べると、ほんの少し成長したかな。
DSC05381.jpg
台風が去ったら果菜ちゃんに移植する予定。

メロン栽培の再スタートがきれそうだ。

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

メロンの挿し木成功
ツル枯れ病で全滅の危機を回避するために、挿し木を行っていました。
親ヅルと子ヅル2本を切り取り、メネデール水溶液に挿しておく事10日でやっと発根させることに成功。

発根してきた親ヅル
DSC05186.jpg

カルス形成中の子ヅル
DSC05124.jpg
白いブツブツがカルスと呼ばれる組織で、簡単に言うなら怪我したときに出来るかさぶたのようなもの。
これが形成されると、分化しやすくなり根を発生するきっかけとなるのです。

挿し木だけで萎れることも無く、がんばっています。
DSC05127.jpg

親ヅルの頭頂部
DSC05128.jpg
直射日光に当てていなかったので少し色が悪い。

もう少し根が大きくなれば、果菜ちゃんに戻してあげようと思っています。
これで、メロンの水耕栽培が継続できそうだ!!

 

にほんブログ村に参加しています。
さらにいろいろな情報をご覧になりたい方はこちらをクリック!!
    ↓       
にほんブログ村 花ブログ 水耕栽培へ

 

theme : ベランダ菜園&プランター菜園
genre : 趣味・実用

プロフィール

ムニュムニュ

Author:ムニュムニュ
千葉在住
ベランダで突如家庭菜園に目覚めた30代男
ベランダ菜園&水耕栽培 4thシーズン

カテゴリ
最近のコメント
FC2ブログランキング

皆様のクリックが励みになります。

FC2Blog Ranking

よろしかったらクリックをお願いします

カウンター

訪問者数:
閲覧者数:

お勧めアイテム

リンク
ブログ内検索

RSSフィード
月別アーカイブ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。